避妊相談・ピル

安全で確実性の高い避妊は、
お身体を大切にすることにつながっています。

低用量ピル・避妊について

現在の低用量ピルには避妊用のものと治療用のものがあります。ここでは避妊用のピルのお話をします。ピルは21日服用して7日間お休みするタイプと、28日間飲み続けるタイプがありますが、実質はどちらも同じです。28日飲み続けるタイプは最後の7日間はホルモン成分が含まれない偽薬になっているのです。当院では飲み忘れることが少ない毎日飲むタイプを採用しております。ピルを服用する際、最も注意すべき副作用は血栓です。いわゆるエコノミークラス症候群です。血栓のできにくい日常生活の過ごし方の指導などにより、リスクを減らすことが出来ます。安全に安心して飲んでいただけるように常に心がけています。なおピル服用と体重増加の因果関係は否定されております。

その他の避妊方法と緊急避妊

IUD(リング)

毎日お薬を飲むのが面倒、飲み忘れ、副作用の心配という方にはリングという方法もあります。1回挿入したら5年位は効果があるホルモン放出性リング(ミレーナ)もあります。ただし子宮内に一種の異物として入れるため、脱出や不正出血がある方もいらっしゃいます。

アフターピル

当院にての緊急ピルはルノレボを使います。以前のヤツペ法に比べ飲みやすいお薬です。72時間以内に1錠を1回にのみます。性交後、なるべく短い時間で飲んだ方が効果が高いと言われていますが、添付文書上72時間以内とされておりますので、慌てて真夜中にパニック状態になって電話をかけまくったりせず、翌日にいらしてください。

患者さんがホッとすること
笑顔になることを大切にしています

横浜市旭区で産婦人科をお探しなら、一般婦人科からピル、
人工妊娠中絶まで幅広く対応している
小関産婦人科医院までご相談ください。

  • 045-363-0660
  • bnr_tel_spimg.jpg
  • アクセス・受付時間アクセス・受付時間